詰め物・インレー

そもそも詰め物(インレー)とは?

一般的に詰め物と呼ばれている修復物の総称がインレーです。インレーには素材・費用など様々な種類がございます。

以下、インレーの一覧表とこちらのページでご紹介しているそれぞれのメリット・デメリットを併せてご覧ください。

患者さんのお口や歯の状況によってはご選択いただけないものもございます。当院では患者さんのご希望を尊重しておりますので、ご不明点やご心配事ありましたらお気軽にご相談ください。

保険適用外の詰め物(インレー)

種類見た目丈夫さアレルギー
セラミックインレー
ハイブリッド
セラミックインレー
ゴールドインレー金属

当院は保険適用外の詰め物をいくつかご用意しています。見た目・丈夫さ・金属アレルギーのリスクなど素材によって様々です。

患者様のお口や歯の状況によってはご選択いただけないものもございます。当院では患者様のご希望を尊重しておりますので、ご不明点やご心配事ありましたらお気軽にご相談ください。

セラミックインレー

セラミックインレー
見た目丈夫さ費用
60,000円(税抜)

セラミックインレーとは、セラミック素材(陶器)を使用した詰め物です。セラミックは見た目が白く美しく天然の歯に近い透明感があります。

また表面がつるつるとしたり、吸水性が低い為色や汚れがつきづらく、金属に比べて身体への影響が少ないのがメリットです。

ただし、セラミックは強度の面からある程度の厚みを持たせて作る必要があり、メタルインレーと比べ歯を削る量が少し多くなります。

メリット

  • 歯の色に近い光の透過性がありきれい
  • ほとんど変色しない
  • 硬くてすり減りにくい
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 材質が硬いため、かみ合わせの歯をいためる場合がある
  • 金属の詰め物と比べて歯を削る量が多くなる

ハイブリッドセラミックインレー

治療費
35,000円(税別)

歯の色に近い硬質プラスチックにセラミックの微粒子を混ぜた材料で製作した詰め物です。

メリット

  • 歯の色に近くてきれい
  • 天然歯に近い硬さで周りの歯を傷める心配がない
  • コンポジットレジンと比べて硬くすり減りにくい
  • 金属アレルギーがない

デメリット

  • 長期間使用すると少し変色・磨耗する

ゴールドインレー

見た目丈夫さ費用
60,000円(税抜)

金合金や白金加金などの科学的に安定した貴金属を歯科修復材としたクラウンです。

しなやか(軟らかい)な金属で歯との適合性も高いのが特徴です。

金属色にはなりますが、歯科修復材として高く評価されており、奥歯(臼歯)など目立たないところにお勧めです。

メリット

  • 天然の歯の硬さに近い
  • 天然の歯との適合性が良いため虫歯になりにくい

デメリット

  • 金色なので目立つ

自費診療の保証期間について

当院ではより安心してより良い治療をご選択いただけるよう自費診療の修復物に保証期間を設けています。

装着後保証割合条件
1年以内100%保証メンテナンスへのご来院
2年以内50%保証メンテナンスへのご来院
3年~5年以内25%保証メンテナンスへのご来院

修復物が外れてしまったり、欠けや割れてしまったといった日常生活における突発的な事例等が適用となります。

※ただし以下のような場合は保証対象外となります。

  • こちらの指定する時期の定期メンテナンスをお受け頂けない場合
  • 治療時には予測できない口腔内の変化(全身疾患が原因の症状悪化など)が生じた場合
  • 不注意や不慮の事故など、当院の責任ではない場合
  • 当院の指示どおりに使用されなかった場合
  • 紛失した場合(入れ歯・マウスピース等)

自費診療のお支払いについて

当院では10,000円(税抜)以上の自費診療に限りクレジットカードでのお支払いが可能です。またこれ以外にはデンタルローンという分割払いにも対応しております。詳しくは医院までお問合せくださいませ。

保険適用の詰め物

銀歯

見た目丈夫さ費用
保険適用

メタルインレーは保険適用の詰め物です。金銀パラジウム合金を使って作られる銀歯になります。金属でできたメタルインレーは非常に硬くて丈夫で、強い力がかかる奥歯で使用されます。

ただし銀歯の場合、金属アレルギー、歯茎の黒ずみ、また審美面で目立つといったデメリットもあります。

メリット

  • 金属のため強度が高い
  • 奥歯でも安心して使える

デメリット

  • 色が目立つ
  • 歯茎の黒ずみを起こすことも
  • 虫歯の再発リスクが高い

コンポジットレジン

見た目丈夫さ費用
保険適用

前歯には歯の色と近いプラスチックの詰め物をします。これらは保険適用の治療のため費用は安価です。

銀歯の場合、型取りをしてから歯科技工所で作製するため後日来院してセットする必要がありますが、コンポジットレジンインレーは医院内で詰めることができます。

プラスチックのため、摩耗に弱く、色が変色しやすいというデメリットがあります。

メリット

  • 歯の色に近くてきれい

デメリット

  • 長期間使用すると材料が変色する
  • 柔らかいためすり減りやすい

治療からインレー装着までの一般的な流れ

インレーを装着するまでの治療の流れをご紹介いたします。あくまで一般的な流れとなり、患者様の歯やお口の状態によって変わる場合もございますこと予めご了承ください。

STEP
カウンセリング

歯とお口の中の状態を検査させていただき、患者様のお悩み・またご希望を伺ったうえで治療方法のご提案をいたします。

こちらからはより良い治療の選択肢として自費診療の治療、そして保険適用の治療の両方をご提案いたします。患者様のご希望を尊重した上で治療を進めますのでその点はご安心ください。

STEP
はじめて治療する歯の場合

虫歯を取り除くため歯を削って治療をします。必要に応じて麻酔を行い、痛みを抑えて治療をいたします。

STEP
すでに治療している歯の場合(銀歯などが入っている場合)

銀歯など治療済みの歯の場合は、まずは銀歯を外して、内側で虫歯が進行していないかどうかを検査します。虫歯が進行している場合は、虫歯の治療をすすめていきます。

STEP
歯の形成

修復物がしっかりとお口の中で機能する詰め物製作のため、歯の形を形成していきます。歯の形の形成をする際には必要に応じて麻酔も行い、痛みを抑えた治療をいたします。

STEP
歯の色の確認

お口の中で自然に調和する修復物製作のため、もともとの歯の色や隣り合う歯の色を確認します。

STEP
歯の型取り

形成を終えた歯にしっかりと適合するよう歯の型を精密に採ります。その後次回、完成修復物のセットの際のご予約を取っていただきます。※保険適用のプラスチックの詰め物は型取りはありません。

STEP
修復物の製作

熟練の歯科技工士が型をもとに丁寧に修復物を製作します。患者様のお口の中で違和感が無いよう丁寧に手作業で仕上げを行います。

STEP
修復物を装着

歯科技工士が製作した修復物を歯科医院にてお口の中に装着します。かみ合わせや色調の確認、最終的な仕上げを行いセメントで強固に接着して完了です。

STEP
アフターメンテナンス

お口の中にセットしてしばらく様子を見ていただきます。装着後数日は多少違和感があることもありますが、徐々に馴染んでいくのでご安心ください。

万一、お痛みやその他違和感等を感じるようであれば再度調整等を行いますのでその旨ご連絡ください。

その他ご不明点はお気軽にご相談ください!

ご不明な点、ご不安な点などあれば当院のスタッフまでお気軽にご相談ください。患者さんのご希望やそれぞれのお口の状況に合わせて親身にご提案させていただきます。